7/11月曜日 天赦日 地元温泉に入って開運しましょう。

  • 2016.07.10 Sunday
  • 23:44

織田信長と白山神  会員様3名からのお知らせより。

  • 2016.07.06 Wednesday
  • 01:04

伯耆(ほうき) 大山 登拝記 その前に不思議な写真が!!

  • 2016.06.26 Sunday
  • 22:37

仙台四朗にみる 無用の用 徳と能力

  • 2016.06.16 Thursday
  • 16:45

世の中 効率と経済性ばかり追求して
幸せになったかというと
どうも 不幸に思う人が増えているようにも感じます。

天才バカボンはいろいろな比喩に用いられますが
長くなりますので1点だけ。

バカボンが覚者 バガァヴァンを元にした名前
とは言われていますが




その容貌は 仙台四朗のようです。



そして昭和の時代にあっても
カスリの着物を着る子供などいないことから
実在しない人間→霊体ではないかという説すらあります。

いずれにしましても
今の世の中

役に立つとか立たないとかでリストラしたり
左遷したりしているようですが
実際にはその人の能力以上の能力が秘められて
いるかもしれません。

今 目にうつるものだけを頼りに
いい、わるいを判定していますが
その人の守護霊、ガイド、祖霊なども
勘案してはいないということです。
オーラというか器というか。

案外やくにたたないとか言われている人が
無用の用で
実は会社の売り上げを陰で上げている
人がいるかもしれません。




-----------ウィキペディアより----------------------------------


仙台 四郎(せんだい しろう、1855年頃 - 1902年頃)は、江戸時代末から明治時代にかけて、現在の宮城県仙台市に実在した人物。旧字体で「仙臺四郎」とも書く。本名は通説では芳賀 四郎であるが、親族によれば「芳賀 豊孝」[1]。

知的障害でほとんど話すことができなかったが、四郎が訪れる店は繁盛するとして存命中から各地でもてなされた。没後、商売繁盛のご利益がある福の神としてその写真が飾られるようになった。


来歴

江戸時代から1880年代まで、北一番丁勾当台通の角、旧・宮城県庁構内郵便局の場所に火の見櫓があり[2]、北一番丁通りを挟んで北向い(現・青葉区役所辺り)は少なくとも19世紀中は「櫓下」と呼ばれていた(地図)[3]。この「櫓下」には戦国時代の伊達政宗の代より伊達氏(仙台藩)に仕えた砲術師を祖とする鉄砲鍛冶職人・芳賀家[4]があり、その4男として生まれたとされる[1][3]。そのため「櫓下四郎」とも呼ばれた[3]。

四郎の知的障害には2つの説があって、生まれつきだという説と、そうではなく、7歳の時花火見物中に誤って広瀬川に転落して溺れて意識不明となり、それが元で知的障害となったという説がある。言葉は「バアヤン」などとしか話せなかったそうである。

その後、四郎は気ままに市中を歩き回るようになった。行く先々で食べ物や金品をもらったりしていたが、人に危害を及ぼすことはなく愛嬌のある風貌をしていたので、おおむね誰からも好かれた。子供が好きで、いつも機嫌よく笑っていたという。「四郎馬鹿(シロバカ)」などと陰口を叩かれることもあったが、不思議と彼が立ち寄る店は繁盛し人が集まるようになったため、「福の神だ」などと呼ばれてどこでも無料でもてなされたとされるが、実際には家人が後に支払いに回っていたこともあった。店にしてみれば、どんなに高額な飲食でも、必ず後で代金を支払ってもらえる上客と解釈できる存在であったという側面もある。四郎は素直な性質であったが、気に入らない店には誘われても決して行かなかったという。

やはり無料で鉄道を利用し、宮城県内の白石や、福島県の福島、白河、さらには山形県の山形まで足を伸ばしていたらしい。

四郎は1902年(明治35年)頃に須賀川にて47歳で死んだとされるが[5]、諸説ありはっきりしたことはわかっていない。徘徊中にそのまま姿を消したという説もある。釜山港漫遊中との新聞記事が掲載されたことがあるが、これも事実かどうかはわからない[6]。
------------------------------------------


表面的な能力と効率だけを追い求めていくうちに
企業の徳というものが失われていないかと
という思いもあります。

現実的には、なかなかに難しい問題ではありますが。


白山南龍

ついに北−−−−−−−−−!!

  • 2016.06.08 Wednesday
  • 20:58

フクシマ大惨事は予見されていた。13グランマザーのメッセージ

  • 2016.05.22 Sunday
  • 11:17
悲惨な福島原発の事故
(とりあえず世間的には事故、ということになっています)

2011/3/12
水素爆発から・・・








放射能半減期は気の遠くなるような年月がかかります。
それでも半減ですから 放置しておいていいはずがありません。

当地においてもここ2週間いや1ヶ月ほど異常な
湿度に除湿器は24時間稼働。

体感的には二倍の水が一日で貯まります。

恐怖心をあおるだけではいけませんが。
もう原発だけではなく いろいろなことが臨界点に達していると
感じます。

地震、津波、金融崩壊、さらにパンデミックすらも・・・

2010年 まだフクシマをはじめ全国の原発が
稼働していたなか、
いにしえの予言より、髪が白くなるそのときに
世界知恵者としての13グランドマザーが日本に集結していました。
正確には13ではなく10なのですが。

それも神謀り。十は神ですから。

詳しくは会員様限定特集号や6月の京都1日勉強会などにて。

これは当時 中日新聞の一面のカラー記事。
熱田神宮会館で行われた 13グランマザー 円卓会議の様子。
後方モザイク顔右側が私。




この時語られたのは

あなたがた7代先の子供たちにむけて というメッセージでした。

実に放射能の影響は7代まで続くと後から知ることになりました。

グランマザーたちはこうやって、見えざる手の力によって
日本に来ることになりメッセージを届けたのでしょう。

警告だったのです。

そしてそれはこのままいけば
フクシマだけにとどまらないことも。㊙

この先 何が起きるのか それは神のみぞ知る世界。

そして未来は今の我々の意識と行動に委ねられています。



合掌

白山南龍

日吉 山王まつりから見る神威の減衰

  • 2016.05.22 Sunday
  • 10:58
日吉 山王まつりから見る神威の減衰

GWのヒトコマ

岐阜県神戸町の日吉神社の夜中の祭
山王まつりについて 少し言及します。
どうしてここにこだわりがあるか?

大麻解禁の動きの中で全国的シンポジウムが
開催されている土地

そして

大麻のオガラの松明を使った祭りで
普通の火祭りとはかなり違うこと



さらに

この神社が他の名だたる神社仏閣同様
「ご来光の道」の軸線上にあること



です。

すべて神謀りとわかります。





新聞記事では例年のように盛大な火の祭典だったと
締めくくられています。
私が出向いたのは少し遅めとはいえ
夜中0時から神輿が川を渡る 渡御が
あったと記憶していますから その閑散とした
様子は「いったい何かあった?」と正直驚きました。

s-DSC01939.jpg

たしかに風雨が強めではあり、台風が近づいてくる
前兆にちかいものがありました。

しかし、それでもこの盛り上がりのなさはどうよ・・・と
正直感じました。

s-DSC01941.jpg

火が消えたよう・・・

s-DSC01938.jpg

s-DSC01940.jpg

帰り道を急ぐ人、片付けに追われる人、、、、

s-DSC01937.jpg

今年の山王まつりは何かがおかしい。

翌日は晴れていましたが・・・美濃は暗号多し土地。
美濃尾張の神仕組みの舞台

世界雛形日本論 外八洲 内八洲の関係 相似象
ここはイラクに相当 古くはシュメール。

火が消えたような御神事

あくまでも新聞では大成功と・・・この紋切り型の記事に
騙される人もいることでしょう。

オガラの燃焼はガソリン並あります。

あのダイナミックな火柱はどこいった???


28459432_1626509322_51large.jpg

28459432_1626509304_42large.jpg

28459432_1626509354_130large.jpg

龍神や亀、鶴、天部の神々の降臨現形(こうりんげぎょう)
があります。
こころある人が撮ればちゃんとうつるものです。

28459432_1626509155_167large.jpg

数年前 このオガラをとる
大麻の畑から大量の大麻草が盗まれ
そこから方向がおかしくなりました。
ケナフを混ぜるとか。。2012年の記事ですが。
大麻比古神社ですら 注連縄がビニールに・・・
神の依り代に代替え品も何も
本質がずれてしまっています。

さて

厳重に盗難対策をして許可された大麻・・・
こういったことは全国の神社へのいたずら等々
結界が破られている証左のひとつだと感じます。

28459432_1801664123_26large.jpg
去年の伊雑宮の御田植祭の凶事
そして
日吉 山王まつりの勢いのなさ

これでは熊本地震もおきても不思議ではない
気がします。



焼山と新潟の位置関係・・・

本州の雛形 新潟 その焼山の位置からして
・・・・
安泰と思われた瀬戸内すら怪しいと

伊方原発の運命はいかに?



結界を張り直さないと
伊勢志摩サミット直後にまた何がおきるか
わかったものではないと・・・・



白山神龍会としても一致結束して 日本と世界平和を
祈っていかなければと思います。


四国 焼山寺山 山頂 蔵王権現に祈りつつ。





合掌

白山南龍

緊急告知!! 白山神龍会 1日勉強会 in 京都

  • 2016.05.20 Friday
  • 20:33

もの凄いエネルギーの波が押し寄せて

  • 2016.05.20 Friday
  • 02:33

投稿記事の補足と今後の展望・・・会員様限定記事

  • 2016.05.19 Thursday
  • 03:32

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM